ホーム > 県民芸術祭

県民芸術祭

心躍る、心やすらぐ 県民芸術祭

 当協会では、加盟の芸術文化団体との共催で、毎年「県民芸術祭」を行っています。県民芸術祭は、1979年(昭和54年)から始まり、今年で35回目を迎えます。
 県内の芸術文化団体が、日ごろの活動の成果を発表して、県民の皆様に広く鑑賞の機会を提供したり、暮らしの中の芸術文化を皆様と一緒に考えたり、創作活動を支援したりしているものです。
 平成25年度の「県民芸術祭」は以下のとおりの内容です。どうぞ、お気軽に会場をのぞいてみてください。きっと新鮮な出会いが、あなたを待っているでしょう。

小林市文化連盟設立50周年記念《祝おう!!みんなで50周年祭》

主催 小林市文化連盟(代表者 渡邊布美子)

 地域の皆様に支えられながら、50周年を迎えられることに深く感謝致しますとともに、今後も「小林市文化連盟」が、域文化推進の拠点として、その活動を次世代に継承していく契機とするため、各種の記念事業を開催します。県民の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

平成25年6月1日(土)(小林市文化会館)9時30分~18時
  • 記念式典 功労者表彰、祝賀演奏、祝舞
  • 講演 講師 貴嶋ユミ氏 演題「夢を追って歩んだ道」
  • フラダンスのつどい
  • 華道展(6月2日迄)
6月1日(土)~6月8日(土)(小林市役所野尻庁舎)9時~17時
  • 美術展
8月3日(土)(小林市文化会館)18時~20時
  • みんなで歌おう こばやし音楽協会外3団体
    ゲスト:テノール歌手 内之倉勝哉氏(小林市出身、ドイツ在住)

琴伝流大正琴第10回記念宮崎県大会

主催 琴伝流大正琴宮崎支部 (代表者 福山珠恵)
期日 平成25年6月9日(日)午後1時開演
会場 メディキット県民文化センター(演劇ホール)

 大正琴が誕生して100年となり、琴伝流大正琴宮崎県大会も今年で10回目の節目の年を迎えることができました。今回は「和して同せず、学びて遊べ」をサブテーマに、県内より中学生から90歳代まで31チーム、県外よりゲスト4チームの大正琴愛好者が集まっての演奏です。第10回記念大会として開催します。演歌から民謡、ポップス、クラシックまで多彩なプログラムを準備しました。チームごとに色々なカラーがあり楽しい大会です。大正琴の魅力を少しでもお伝えできたら幸せです。皆様のご来場をお待ちしております。

(内容)
  • 第1部 宮崎県16チームの演奏、ゲストチーム(鹿児島県、静岡県)の演奏
  • 会長挨拶・祝辞・表彰式
  • 第2部 宮崎県15チームの演奏、ゲストチーム(鹿児島県・福岡県)の演奏

都城ミュージカルクラブ一般社団法人設立記念公演

「Humanoido Revolution~王のカケラ~」

主催 一般社団法人都城ミュージカルクラブ(代表者 浅野 隆志)
会場 都城市ウェルネス交流プラザ・ムジカホール

日時
  • 平成25年8月16日(金)午後6時30分開演
  • 平成25年8月17日(土)午後1時30分開演・午後6時30分開演
  • 平成25年8月18日(日)午後1時30分開演

 都城ミュージカルクラブは2009年の設立以来、地域の青少年の活動の場としてオリジナルミュージカルを上演してまいりました。この度、ミュージカル劇団としては全国でも例のない、また地方都市の劇団としてはまれな一般社団法人に移行した記念に、今回の公演を企画しました、ミュージカルの上演を通して、次世代を担う青少年に豊かな感性を育む演劇活動を推進してまいります。

-あらすじ-
 ヒューマノイド。自分たちの守るべきもののために、頭脳は人間のままで身体が機械化されることを選んだ彼ら。戦力としてヒューマノイドを戦場に送り込んでいた国は、相手国との和平の条件として彼らを排除する方法に出た・・・。

作:廣畑明美 演出:浅野隆志 振付:川口三栄子 歌唱指導:野海洋子

宮崎市合唱協会創立20周年記念演奏会

主催 宮崎市合唱協会 (代表者 中村禎子)
日時 平成25年11月4日(月・祝)午後1時30分開演
会場 メディキット県民文化センター(演劇ホール)

 宮崎市合唱協会は平成5年6月1日に合唱団6団体で発足しましたが、現在、加盟団体11、約340人の組織に発展致しました。今年20周年を迎えこれを記念して演奏会を開催します。ゲストとして以前から交流のある台湾臺北市立國楽團附設合唱團をお迎えし国際的な合唱交流の輪を広げます。児童合唱団、混声合唱団、男声合唱団、女声合唱団とバリエーションに富んだ演奏とともに台湾合唱団との国際色豊かなステージを県民の皆様にお届けします。ご来場を心よりお待ちしております。

◆加盟参加団体
 宮崎はまゆうコーラス、宮崎混声合唱団、フルトン男声合唱団、バイオレットコーラス、宮崎大学ブルースカイ合唱団、エレガンテ・セレーノ、コーラスinみやざき楡の会宮崎支部、コール・しらふじ、キッズ・ハーモニーみやざき、レインボーコーラスみやざき、スターウィンド(総勢約340人)

◆ゲスト
台湾臺北市立國楽團附設合唱團(40名)

記紀編さん1300年記念講演・シンポジウム

主催 公益財団法人宮崎県芸術文化協会 (代表者 渡邊綱纜)
日時 平成25年12月7日(土)午後1時30分開演
会場 宮日ホール(宮日会館11階)

 記紀編さん1300年を記念し講演並びにシンポジウムを開催します。講演には専門家を講師として招聘します。シンポジウムには高校生の参加も計画します。詳細は実行委員会を設置し企画します。

  1. 講演
  2. 岩戸神楽
  3. シンポジウム

創立20周年記念第18回定期演奏会

主催 宮崎シティフィルハーモニー管弦楽団(代表者 工藤 浩)

日時 平成25年12月23日(月・祝)午後2時開演
会場 メディキット県民文化センター(アイザックスターンホール)

 平成5年、宮崎市制70周年を記念して結成されました当楽団は、以来、定期演奏会、ファミリーコンサート、室内楽演奏会、スクールコンサートなど多彩な演奏活動を行っていますが、平成25年は創立20周年を迎えます。よって、プロの指揮者による本格的な演奏会として好評をいただいています当楽団の定期演奏会を、創立20周年記念演奏会として、メディキット県民文化センター(アイザックスターンホール)において開催します。
 曲目は、国内最大級と言われるパイプオルガンを利用するサン=サーンスの「交響曲第3番」を演奏します。指揮はヨーロッパで活躍中の武藤英明氏、また、宮崎国際音楽祭に毎年参加され宮崎県民との交流もあるホルンの松崎裕氏をソリストとしてお迎えします。広く県民の皆様に披露する演奏会として企画しました。多くの皆様にお聴きいただきたいと思います。