ホーム > 県民芸術祭 > 平成28年度県民芸術祭

県民芸術祭

心躍る、心いやす 県民芸術祭

 公益財団法人宮崎県芸術文化協会では、当協会加盟の芸術文化団体との共催で、毎年「県民芸術祭」事業を開催しております。
この事業は昭和54年度に始まり、今年度で第38回になります。
宮崎県内の芸術文化団体が日頃の活動成果を発表し、多くの宮崎県民の皆様に鑑賞の機会を提供したり、暮らしの中の芸術文化を皆様と一緒に考えたり、また創作活動の支援を行うものです。
一人でも多くの宮崎県民の皆様に足をお運びいただきますよう、ご案内いたします。

第50回記念日韓交流宮崎県美術協会展

主催 宮崎県美術協会(会長 山本祐嗣)
共催 韓国美術協会
日時 平成28年7月5日(火)~7月10日(日) 午前10時~午後6時(入館は午後5時まで)最終日は午後3時まで
会場 宮崎県立美術館企画展示室県民ギャラリーⅠ・Ⅱ

 1966年に宮崎県美術協会が設立して今年で50回を迎えます。当協会は絵画・書・工芸・写真・デザイン・彫刻の6部門からなる宮崎県内唯一の芸術団体であり、宮崎県内外で活躍する作家をはじめ個性豊かな作品を宮崎県内に発表してきました。
 今年は50年という一つの節目に、韓国美術協会と国際交流を交えて宮崎県立美術館を貸切り展示致します。
 尚、会期中は韓国美術協会の方との交流や美術協会50年の歴史コーナー、美術協会員によるギャラリートーク等、様々な企画にて会場を盛り上げたいと計画しています。
 ぜひ、会場にお越しいただいて、芸術を肌で感じ、感性を豊かにして、癒されていませんか? お待ちしています。

一般社団法人都城芸術文化協会 設立10周年記念(新市誕生10周年) -都城今昔物語-

主催 一般社団法人都城芸術文化協会(会長 中西徹博)
日時 平成28年8月21日(日) 開場13時 開演13時30分
会場 都城総合文化ホール(大ホール)

 都城芸術文化協会は一市と四町(山田・高崎・高城・山之口)文化協会が合併して10周年を迎えました。
 この10周年を節目に、改めてわが郷土を振り返り、伝説をこれからの都城の未来を夢見て舞台を構成しました。
 第1部は当地域の伝説「お雪物語」の伝統行事を通して戦・戦争・現在・未来へと移り変わる中で「人の心」を表現します。
 第2部は都城市の「木・花・花木」をテーマに舞台を構成しています。サクラは母智丘の桜まつりを日本舞踊で、アヤメは早水公園のアヤメ祭りをクラッシックバレエで、ケヤキは神柱公園のケヤキをフラメンコダンスで表現します。そして「自然のめぐみ-五穀豊穣を願い-」をジャズダンスで表現します。また、都城を表現する合唱組曲として「盆地」より「町・山・霧」を混声四部合唱で歌いあげます。
 さらにフィナーレでは、「希望に満ちて」(都城市歌)を全員で歌います。
 出演は都城演劇協会・都城邦楽協会・夫婦踊り保存会・都城美術書道協会・都城日舞協会・都城洋舞協会・都城音楽協会。
 皆様のご来場をお待ち申し上げます。

洲明会 50周年記念 小林教室第3回 日向路民謡の旅

主催 日本郷土民謡協会宮崎県支部洲明会(代表 小渕洲明女)
日時 平成28年8月28日(日) 開場12時30分 開演13時
会場 小林市文化会館(大ホール)

 50周年の節目に会場を小林市文化会館に移し「日向路民謡の旅」と題して民謡民舞ショーを開催いたします。
 日本民謡の素晴らしさ、楽しさを実感して頂ける様に会員一同練習を重ねています。
 また各先生方始め、モンゴル民謡の素晴らしい唄声もお楽しみ頂きたいと思います。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

宮崎県俳句協会創立50周年記念俳句大会

主催 宮崎県俳句協会(会長 岩切雅人)
日時 平成28年11月6日(日) 開会13時
会場 宮崎観光ホテル東館3階 碧耀の間

 宮崎県内の俳句作家で構成される「宮崎県俳句協会」は今年で創立50周年を迎えました。
 これを記念してこの度、「協会創立50周年記念県民俳句大会」を開催いたします。
 この記念県民俳句大会では、記念式典に続いて全国に著名な歌人伊藤一彦先生による講演を予定しています。
 また、協会会員にとどまらない県下の俳人・俳句愛好家から俳句作品を応募いただき、選者による優秀作品の発表と作品講評及び表彰など盛りだくさんの内容となっています。
 皆様の作品投句と当日のご参加をお待ちしております。